読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016-04-16

著作権法学会 研究大会(2016)が開催
シンポジウムのテーマは、「応用美術と著作権〜保護と限界〜」。
昨年の、TPIPP TRAPP事件控訴審判決(知財高判平成27年4月14日判時2267号91頁)以来、議論が再燃しているテーマです。

シンポジウムでは、以下のそれぞれの作品(製品)が著作権法による保護を受けるか、登壇者への○×アンケートのコーナーも。

ザハ・ハディド氏デザインの椅子
ル・コルビュジエの椅子(*リンク先椅子と同じ形状で、黒色のもの)
Fanciful Ornamental Bottle(リンク先PDFの4〜6p参照)
シトラススクイーザーの「Juicy Salif」
ファービー人形(山形地判平成13年9月26日判時1763号215頁)
三越百貨店の包装紙


 

広告を非表示にする