読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンピース実写映画化という誤報


中国でのワンピース実写化、集英社が完全否定 その中国企業に連絡したらデタラメだった(BuzzFeedJapan)
中国企業が、『ONE PIECE』の著作権を作者の尾田栄一郎氏から約16億円で購入し、実写映画化を検討中」といういかにも妙な記事が流れてましたが、集英社の広報担当者が否定。


文化審議会著作権分科会
法制・基本問題小委員会(第1回)が開催
今回のテーマは、
・拡大集中許諾制度に係る諸外国基礎調査報告について
・教育の情報化の推進について 等

そもそも去年の委員会で何か成果はあったんでしたっけ?今年は何を議論するんでしょうか?と思って「当面の検討課題及び検討の進め方について(案)」という資料をみると、大きなテーマは以下の6つのようです。
1.新たな時代のニーズに的確に対応した権利制限規定やライセンシング体制等の在り方
2.教育の情報化の推進等
3.盲人,視覚障害者その他の印刷物の判読に障害のある者が発行された著作物を利用する機会を促進するためのマラケシュ条約(仮称)についての対応
4.権利者不明著作物等の利用円滑化
5.著作物のアーカイブの利活用促進
6.リーチサイトへの対応


文化審議会著作権分科会著作物等の適切な保護と利用・流通に関する小委員会(第1回)も開催
こちらも同日開催。テーマは、
・クリエーターへの適切な対価還元について 
(配布資料は「私的録音録画に係るクリエーターへの対価還元についての現状」)


AI創作物におけるプラットフォーマーの影響力を考える(ニュースイッチ)
福井健策弁護士インタビュー。