読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テイラー・スウィフトも法改正を求めて署名


YouTubeに厳しい視線--著名アーティストら、米著作権法の改正を求める(CNET Japan)
DMCAデジタルミレニアム著作権法)の改正を求める署名に、テイラー・スウィフトらも加勢。主張内容を記事から引用すると、
DMCAはテクノロジ企業のために「セーフハーバー」基準を設定しており、テクノロジ企業は削除要請に応じる限り、著作権を侵害する投稿に対する法的責任を免除される。YouTubeで何十億もの楽曲が再生されたにもかかわらず、2015年のYouTubeの音楽業界への支払額がレコード盤の売上高より少なかったのはそのためだと、音楽業界は訴えている。


何度もスマホ掲げ、セミナーの「スライド」を撮影…同僚とSNSで共有したらダメ?(弁護士ドットコムニュース)


選挙直前!山田太郎参議院議員インタビュー(上) 「表現の自由を守る活動をしてきた人たちにリスクを取っている」(ガジェット通信)
選挙直前!山田太郎参議院議員インタビュー(下) 「国会の中に表現の自由を守る勢力を作る必要がある」(ガジェット通信)
目を引いた一節を引用。
>「自分の娘がもともとレイヤーなんです。」「かなりなレイヤーです、腐女子(笑)。」