EU離脱を受け、イギリスのミュージシャンや業界団体がコメント


英国レコード産業協会、国民投票によるEU離脱決定を受けてコメントを発表(NME JAPAN)
記事より引用。
>イギリス国内のレコード音源を管轄している英国レコード産業協会は、イギリスの音楽をヨーロッパでこれまで通り関税なしで流通させる緊急措置を政府に対して求めていくという。
他の記事にまとめられていますが、ミュージシャンでEU残留を支持していたのは、元スミスのジョニー・マー、オアシスのノエルとリアム、ブラーのデーモン、ケミカル・ブラザーズのエド、ベルセバのスチュアート、EU離脱を支持していたのはフーのロジャー・ダルトリーアイアン・メイデンのブルース・ディッキンソン。


嘘をつくのは誰なのか?ーー現役弁護士が『FAKE』における著作権法上の論点を分析(Realsound映画部)


世界最大のファイル共有サイトPirate Bayの創設者、怒りの逆訴訟(GIZMODO)


デジタル時代の著作権協議会、平成28年度事業計画を発表